HOME>記事一覧>デリケートな問題だからこそクリニック選びは慎重に行おう

カウンセリングを受けよう

不妊治療を受ける場合、様々な段階があります。まずはカウンセリングを受けて、タイミングを計ってみることが重要になります。検査を受けて問題がないということになれば、タイミングだけでもかなり効果が期待できます。タイミングで成功しなかった場合、人工授精に進むことになります。人工授精でも着床しなかった場合には体外受精へと進むことになります。横浜市内にも不妊治療専門クリニックはたくさんあります。

完全予約制のクリニック

不妊治療専門クリニックは完全予約制になっていることが多いです。横浜市内にあるクリニックでもプライバシーを守るという観点から予約制を導入していることが多いです。体外受精を行う場合には女性の体の調子を整えておく必要もあります。

事前に行うこと

体外受精を受ける際には、そこまでに至る段階があります。採卵なども行う必要があり、その場合にはホルモン注射を行って体調を整える必要があります。横浜市内のクリニックを探している場合には体調不良に備えて近くのクリニックのほうが安心です。

心のケアを行う

一般的には不妊症で悩んでいる夫婦が通うということを考慮し、妊婦健診は行っていなかったり、専門のクリニックではなくても子ども連れを断ったりしているところは多いです。横浜市内でも一般の産婦人科とは違うクリニックがあるのでチェックをすると良いでしょう。体外受精も費用がかかるので最終手段として考えている医師も多いです。

広告募集中