HOME>アーカイブ>5つのステップによって自然妊娠が困難なカップルでも子どもを授かることができます

自然妊娠が困難な人にメリットがあります

看護師

横浜で体外受精を受けるメリットは、病気や体質などさまざまな理由で自然妊娠が困難なカップルであっても赤ちゃんを授かることが可能である点です。体外受精では、卵子と精子が出会って胚が育つまでの部分を短縮することができるので、卵管や精子の数に問題がある人にメリットがあるといえます。他にも年齢を重ねた女性が妊娠したいと考えている場合にも最適です。女性は年齢を重ねるごとに妊娠する確率が減っていくので、短期間で妊娠できる体外受精は有効であるといえます。最近では技術も進化しているので、治療の痛みなどは特に感じることもありません。このようにさまざまな点において横浜での体外受精はメリットがあるといえます。

5つのステップがあります

夫婦

横浜の体外受精の仕組みは大きく分けて、排卵誘発や採卵・採精、受精・培養や胚移植、妊娠判定の5つがあります。これらを行う時期は女性の体の状態に合わせて行うことになります。まず排卵誘発は月経3日目から卵子を発育させる注射を毎日投与することです。注射によってしっかり発育させることによって質の良い卵子を作ることができ、それによって体外受精の成功率を上げることができるからです。排卵誘発によって卵子が十分に育ったら、 採卵と採精を行います。採卵をしたらその日に受精することになるので、採精も一緒に実施します。その後受精や培養を行って順調に育ったら、女性の子宮に戻し、妊娠判定となります。

治療を受けられる条件とは

卵子

横浜で体外受精を受けられる条件は、人工授精でも妊娠が難しいと診断された時です。どのような症状の女性が受けられるかというと、女性の場合は卵管が閉塞している場合や高齢によって自然妊娠が難しい方などです。男性の場合は精子の数が極端に少なかったり、精子の運動率が少なかったりした場合に有効であるといえます。これらの条件に当てはまっていて、どうしても赤ちゃんを授かりたいと考えている場合にのみ利用することができます。

広告募集中