出生前検査の非確定検査について説明します

医師と妊婦

出生前診断は、2013年頃から染色体異常の判断として注目されてきました。母体から採血して検査するもので、ほぼ100%の率で、ダウン症候群等の染色体の異常による疾患を生まれる前に判断するという方法です。染色体疾患検査は、非確定検査といいます。完全な診断とはなっていません。けれども、母親の体に負担がかからず胎児にも安全な手法で検査ができるNIPTは、とても人気です。母親の血液中には、胎児のDNA断片が混入していて、それを検査して染色体異常を検査します。ダウン症だった時は、21番の染色体が3本になります。従ってその割合が通常の1.5倍になり、そのことから陽性だと判断します。その他コンバインドはエコーも使って首筋のむくみ方を調べる検査や血清マーカーの検査等もありますが、判定率の高いのはNIPTです。費用の方は、約2万円です。命が誕生する以前に、病気を患って生まれて来るより妊娠中絶を希望するという親も存在します。これが命の選別ということになります。ですから、検査対象はダウン症等の危険度が高い年齢35歳以上の女性というきまりになっています。陽性という検査の結果であっても元気に誕生する子がいたり、陰性という検査の結果でも病気であったりと、完璧な診断結果というわけではありません。ですから、一応の診断という受け止めが必要です。担当医師のカウンセリングを丁寧に受けることが大事です。

非確定で陽性ならば確定検査を検討します

医者と妊婦

出生前診断の非確定検査が、陽性だった時には、さらに精度を高める検査を行うことになります。確定検査に進むのかやめるのかを検討することになります。なぜ検討という言葉を用いたのかというと、確定検査は母体に大変な負担がかかり、胎児の生命も脅かすことになるからです。羊水検査と絨毛検査の2種類があるのですが、かかる費用も10万円ほどと高いです。羊水は赤ちゃんが入っている場所の液体で、絨毛は将来胎盤になる場所です。その場所の液の成分を調べることで、染色体の異常をかなりの精度で判断できるわけです。けれども、母体の腹部に針を入れて取り出す方法なので、破水を起こしたり流産あるいは死産等になることもあり得ます。

確定検査の危険性をお知らせします

お腹

羊水検査では300分の1、絨毛検査100分1の確率で胎児が死亡しています。死産や流産の危険性を押してまで、出産する以前に染色代異常かどうかを判定する必要があるのかどうかは熟考する必要があります。最後には、父親と母親の考えで決まりますが、危険な事態が起こる可能性は考慮しなければなりません。ダウン、エドワーズ、パトー症候群等の重大な疾病を持って生まれる自分の子を慈しみながら育てる気持ちは重たいものがあります。そこで、費用が安くて危険性がなく正確性の高い血液検査が出生前診断の主流となっていると考えます。

広告募集中